ピーリングの効果は?痛みはある?アフターケアとか

ピーリングにはケミカルピーリングとレーザーピーリング、クリスタルピーリングと大きく分けて3種類の方法が存在します。ケミカルピーリングは専用のジェルで固くなった角質を除去してくれる一般的なピーリング方法です。ケミカルピーリングで使用するジェルは主に酸性の薬剤なのですが、肌に優しく初心者でも扱いやすいリンゴ酸、クエン酸の他に乳液タイプのものなど様々です。

レーザーピーリングやクリスタルピーリングは美容クリニックで専門家の手によって行われるものですので、自分で始めたい人はケミカルピーリングが手軽で簡単です。ピーリングをすることで、古くなった角質を取り除き肌のターンオーバーを正常に戻す手助けをしてくれます。古い角質がいつまでも肌に張り付いていると、毛穴の黒ずみやくすみの原因にもなります。

そして固くなった角質は小ジワの原因にもなるのでこまめにケアすることが大切です。また、肌の再生が遅れるとニキビや皮脂の過剰分泌など肌トラブルも増えてしまいますが、そのような肌の異常を正常に戻してくれるのがピーリングなんです。

ピーリングは肌のキメを細かくしてくれて、美白効果やニキビや肌のごわつきの改善など嬉しい効果がたくさんありますが、間違ったやり方は逆に肌を痛めてしまう原因にもなるので、ピーリングの使用方法には細心の注意が必要です。

ピーリングの使用頻度は最低でも2週間に1度のペースで行うのが理想です。ピーリングは肌の表面の皮や角質を剥がす行為なので、肌が綺麗になるということで毎日ピーリングをすると、肌にダメージを与えてしまいます。また、ニキビの炎症がひどい時は悪化することもあるのでピーリングは炎症が収まるまで中止しましょう。

ピーリング後は肌の皮膚が薄い状態になっているので、紫外線が直に当たりやすく日焼け止め対策もしっかりと行いましょう。また、セラミドやヒアルロン酸配合の化粧水で保湿することもピーリング後のケアでは欠かせません。放置しているとシワやシミの原因にもなるので、ピーリングを行った後も綺麗な肌を維持するために努力を怠らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です