時には美白も重要・・・安全なのはアルブチン

数十年前に、美容薬品に配合されてから、女性の間で人気が爆発したアルブチンという成分ですが、知名度は高いものの、依然として本当のアルブチンの効果を知っている人は少ないのが現状です。そこで、アルブチンの特徴や他の美容成分にはない強みを紹介していきます。

そもそも、アルブチンとはどういった美容成分なのかというと、美肌にとっては一番の天敵であるシミやそばかすを防ぐ効果が期待できる成分なのです。他の美容成分のように特にイントネーションの強い名前ではありませんので、印象が強くないイメージがありますが、決してそんなことはありません。

アルブチンには、ハイドロキノンといわれている成分とも大いに関係性があります。このハイドロキノンとは、高い漂白効果を含んでいる成分であり、シミやそばかすに対して効果的な成分です。ハイドロキノンはアルブチンと同じくらいに有名で質の高い美容成分ですが、危険性も持ち合わせています。

その危険性というのが、漂白するパワーが少し強い為に、お肌(特に繊細な敏感肌の方)をひりひりと赤く変色させてしまう可能性も持ち合わせています。ですので、結果的にハイドロキノンだけでは少し心もとない点があります。上記のアルブチンと協力し合って、その上でブドウ糖と結託する事で、非常に安全性の高い美容か効果が期待できるものへとレベルアップしていくのです。

上記のことから、アルブチンが配合された美容品や化粧品は高い人気を得ており、ここ最近では次々と商品化されてきています。先の文章ではアルブチンにはどんな効果が期待できるのかについて記述しましたが、今度はないよう成分について記載していきます。アルブチンの主な成分は、ツツジ科の植物由来成分になっています。

ツツジ科の植物には、共通して芳醇効果や利尿効果が期待できるものであり、身や葉には、フラボノイドや糖類がぎっしりと含まれています。アルブチンは原材料が優れているので、化粧品に配合されても高い効果が期待できるものへと進化できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です