肌はどんな構造になっているの?バリア機能って?

肌の構造は、大きく分けると表皮・真皮・皮下組織の3つに分かれています。まず表皮は肌の最上層にあり、外部からの刺激や異物などの侵入・水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。表皮は上層から角層・顆粒層・有棘層・基底層の4層で構成されています。基底層にはメラニンを作るメラノサイトという細胞があり、表皮細胞はここで誕生します。

およそ28日をかけて肌の最上層である角層にまで到達し、最後には垢(頭皮であればフケ)となって剥がれ落ちます。これがいわゆる肌のターンオーバーと呼ばれているものです。真皮は表皮の下側にある組織で、コラーゲン・エラスチンなどの繊維成分が多くを占めており、肌を内側から支えている土台になります。

肌の弾力やハリといったものに関係しており、ヒアルロン酸などの働きにより肌の柔軟性も保つ働きをしています。血管や汗腺・皮脂腺もこの真皮にあります。皮下組織は肌の最下層にあり、その多くが皮下脂肪から出来ています。

肌の大きな役割のひとつに「バリア機能」があります。バリア機能とは、外部からの刺激や乾燥から肌を守る働きのことを言います。それは肌の最上層である角層が関係しています。角層は0.02mmという食品用ラップのように極めて薄い層から出来ており、その層の中は、よくレンガを積み重ねたような構造になっているとたとえられます。

角質細胞というレンガを、セラミドなどからなる角質細胞間脂質がセメントのように繋いでいるのです。角質細胞の内部には天然保湿因子(NMF)があり水分を保持しています。さらに角質細胞間脂質で肌の水分を抱え込んで肌に留めています。

また、肌表面には皮脂膜という皮脂と汗で構成されている膜があり、これが天然のクリームとなって水分が蒸発しないよう肌を保護する働きをしています。しかしこのバリア機能、簡単なことで機能低下をおこしバランスを崩します。たとえば肌荒れをおこしてしまうとバリア機能は低下します。また皮脂を取りすぎてしまうと、肌は乾燥が進むためバランスを崩します。

さらに痒みなどから肌を掻いてしまうと肌に傷ができ、これもバリア機能の低下をおこさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です